• HOME >
  • 皮膚科 >
  • アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎MATSUMOTO CLINIC

アトピー性皮膚炎について

写真 1994年に日本皮膚科学会により提唱された定義は、『アトピー性皮膚炎は、増悪・寛解を繰り返す、掻痒のある湿疹を主病変とする疾患であり、患者の多くは アトピー素因をもつ』とされています。分かりやすく言い直すと、「アトピ―性皮膚炎とはかゆみを伴う湿疹をくり返す、アレルギーを有する病気。」ということになります。
アトピー素因とは「アレルギー体質」のことで、気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎などの方が家族にいたり、患者本人がかかっていることを言います。

症状について

早くは生後2ヶ月頃から見られ、徐々に増加し、2歳でピークとなります。統計的には全児童の10%~20%に発症すると推測されています。発症した児童のうち60%が小学校入学までに、85%が中学校入学までに軽快すると言われています。しかし、一部の患者さんは大人になるまで症状が続いたり、また成人になって初めて発症する患者さんもいます。

治療方法

基本的にはスキンケアが中心となり、さらにそれぞれの症状に合わせた抗炎症剤(代表的なのは副腎皮質ステロイド。他にはタクロリムス軟膏など)を使います。副腎皮質ステロイドには多くの種類や強さがあり、症状や部位・年齢・環境などによって使い方が異なります。専門的な知識なしに乱用すると皮膚が薄くなったり、赤ら顔になったり、中止によるリバウンドが出たりします。
当クリニックでは皮膚科専門医の適切な管理の元、使用していただきます。安心して治療を受けてください。また、部位や症状によってはステロイド以外の抗炎症剤も有用ですのでご相談ください。

日常生活での注意点

  • 乾燥肌に対して、保湿剤(白色ワリセン、ヒルドイドローションなど)を、毎日お風呂上りに塗りましょう。
  • 汗やほこりはかゆみの原因となるので、運動後などは早めにシャワーなどで流しましょう。
  • 入浴剤は原則として使用するのをやめましょう。(保湿効果だけのものは良いと思いますが、保温効果のあるものはかゆみの原因になります。)
  • 石けんは固形のものを使いましょう。(液体ボディソープは脱脂力が強く、乾燥の原因になることがあります。)
  • 爪は常に短く、清潔にしましょう。
  • 寝るときに電気毛布はやめましょう。
  • 部屋は清潔にしましょう。(ダニやほこりの除去が大切です。)
  • 規則正しい生活を心がけましょう。(疲れや精神的ストレスは悪化の原因となります。)
インターネットでのご予約

内科・形成外科はインターネットでご予約受付可能です。
※順番のみの受付となり、診察時間のご予約ではありません。
※美容外科外来はお電話でご予約をお願いいたします。

05058404120
自動電話受付&順番案内システム

ご自宅や携帯電話から、05058404120にコールして
いただくと、かんたんに受付予約ができます。

0297-60-0012 受付時間 午前診:前日21:00~当日11:30
     午後診:前日21:00~当日17:00
PAGE TOP