• HOME >
  • 形成外科 >
  • 眼瞼下垂

眼瞼下垂MATSUMOTO CLINIC

眼瞼下垂とは?

上まぶたが垂れ下がり、十分にあがらなくなる症状のことです。原因は上まぶたを引き上げる筋肉(上眼瞼挙筋)の機能低下で、先天性眼瞼下垂、麻痺性眼瞼下垂、老人性眼瞼下垂、コンタクトレンズ性眼瞼下垂などがあり、一番多いのは老人性眼瞼下垂です。治療は主に上眼瞼挙筋の短縮ですが、同時にまぶたの皮膚を形成して機能だけではなく、美容的にも改善を図ります。まぶたが上がりにくいために毎日の生活に支障がある方は、手術を受けることで良好な視界が得られるようになります。以下に老人性眼瞼下垂症を例に、手術の手順を紹介いたします。

  眼瞼下垂症の手術法

 

 眼瞼挙筋腱膜前転法

1. 個々の状態に合わせて切開部位のデザインをします。
2. 細い注射針にて局所麻酔をします。
3. 上まぶたの余った皮膚を必要なだけ切除します。
4. まぶたを引き上げる筋肉(上眼瞼挙筋)を必要なだけ短くします。
5. 腫れぼったいまぶたの方は、脂肪も切除します。
6. 傷が目立たなくなるように、細い糸で丁寧に縫い合わせます。
7. ガーゼをあてて終了。1週間で抜糸です。

DSC0558812DSC0577012

≪手術前≫まぶたが下がってしまって開きません。  ≪手術後≫しっかりとまぶたが開いて見えやすくなっています。

眉毛下切開法

 1. 眉毛直下に切除する皮膚の量をデザインします。

2. 細い針で局所麻酔をします。

3. デザインに合わせて皮膚を切除し、丁寧に縫合します。

4. ガーゼを当てて終了、1週間で抜糸です。

DSC02850m

≪手術前≫上眼瞼の皮膚がたるんで上方視が困難になっています。

DSC02854m

≪手術デザイン≫眉毛直下でたるんだ皮膚を切除します。

DSC07892m

≪手術後上眼瞼のたるみが取れてしっかりと開瞼できるようになっています。手術の傷もほとんど目立ちません。

 

  切らない眼瞼下垂手術法 <埋没縫合糸を使った方法でメスで切開せずに挙筋短縮を行います>

1. 二重をご希望の方は二重ラインを確認してデザインします。

2. 点眼麻酔後に細い針で局所麻酔をします。

3. 眼瞼の裏側より埋没糸を刺入して眼瞼挙筋に掛けます。目の開き具合を調節・確認します。

  二重希望のない方これで終了です。

4. 二重をご希望の方は、埋没糸を二重ラインまで貫通させて二重になるように作成します。

 

比較的軽度の眼瞼下垂症の方が良い適応で、手術まではご希望されない方は受けてみられると良い方法です。

ただし、たるんだ皮膚が多めに方と下垂症状が高度の方には適していません。

 

 

気になる方は

眼瞼下垂症は症状によっていろいろな手術方法がありますので、最近まぶたが垂れてきて気になる方は、
お気軽にご相談ください。なお、眼瞼下垂の手術は基本的に健康保険の取り扱いができます。

インターネットでのご予約

内科・形成外科はインターネットでご予約受付可能です。
※順番のみの受付となり、診察時間のご予約ではありません。
※美容外科外来はお電話でご予約をお願いいたします。

05058404120
自動電話受付&順番案内システム

ご自宅や携帯電話から、05058404120にコールして
いただくと、かんたんに受付予約ができます。

0297-60-0012 受付時間 午前診:前日21:00~当日11:30
     午後診:前日21:00~当日17:00
PAGE TOP