• HOME >
  • 形成外科 >
  • きず跡の治療

きず跡の治療MATSUMOTO CLINIC

傷あと(瘢痕・ケロイド・手術痕)について

写真 ケガや手術によって出来たきず・傷あとをキレイに修正するのも形成外科の仕事のひとつです。修正手術を行うことで、皮膚のつっぱり(拘縮)や外観を改善することができます。特に目立つ部位や動きのある関節部には有効です。
けがの傷あと・手術の傷あとは修正手術が適応ですが、ケロイドは外用療法・注射などの治療(保存的治療)が第1選択になります。手術と保存的治療のどちらが良いかは診察を受けていただけると説明ができます。

まずはお気軽にご相談ください。

治療方法

松本クリニックでは傷あとの部位や状態によって、単純切除術、Z形成術、W形成術、植皮術などを用いて修正手術をしています。
外観上目立たなくすることだけではなく、機能的に改善させることが重要と考えています。
それぞれの手術方法については手術前に説明があります。

術後の注意点

手術後、手術部位や手術方法によっては運動制限や圧迫固定・テーピングなどが必要になります(術後療法)。
手術だけではなく、術後療法の指導も行なっています。
傷あとの治療は健康保険で行なえるものが多いので、お気軽にご相談ください。

インターネットでのご予約

内科・形成外科はインターネットでご予約受付可能です。
※順番のみの受付となり、診察時間のご予約ではありません。
※美容外科外来はお電話でご予約をお願いいたします。

05058404120
自動電話受付&順番案内システム

ご自宅や携帯電話から、05058404120にコールして
いただくと、かんたんに受付予約ができます。

0297-60-0012 受付時間 午前診:前日21:00~当日11:30
     午後診:前日21:00~当日17:00
PAGE TOP