• HOME >
  • 皮膚科 >
  • いぼ

いぼMATSUMOTO CLINIC

いぼについて

いぼには主に以下の2種類があります。

1:尋常性疣贅
2:伝声性軟属腫(水いぼ)
それぞれの内容を以下に記載します。

1:尋常性疣贅

ヒト乳頭腫ウイルス感染によるいぼで、主に手足に生じますがそれ以外にもできることがあります。
ウイルス感染症ですので、他の部位にも感染してうつることがありますので早目の治療が必要です。
治療は基本的には液体窒素よる凍結療法をおこないます。難治の場合にはヨクイニンエキス錠の内服の併用や
ブレオマイシン局注療法、5FU軟膏ODT療法などがあります。
青年性扁平疣贅といって、主に顔に生じるいぼもあります。顔の場合に凍結療法を行うと色素沈着が残ってしまいますので、
時間がかかってもヨクイニンエキス錠内服やグリチルレチン酸軟膏・ビタミンD3軟膏などの外用で治療を行います。

2:伝声性軟属腫(水いぼ)

伝染性軟属腫ウイルスの感染によって生じる疾患で、幼児から学童期の児童の80%以上が罹患するといわれています。
感染は人同士の直接接触以外にタイルや衣類、スイミングプールでのビート板などを介した間接接触でおこります。

水いぼは自然治癒が期待できますが、治るまでの期間が長く遅い人では3年以上かかるといわれています。実際には幼稚園や
小学校、スイミングクラブなどで治療していないとプールに入れなかったり、自宅でも兄弟に移してしまうことが考えられます。また、かゆみや炎症を伴うことがありますので、アトピー性皮膚炎が悪化したり、とびひの原因になったりもします。

当院での治療はピンセットでつまんで一つ一つ潰して取るようにしています。他にも液体窒素による凍結療法や硝酸銀外用療法などが ありますが、根治率が低いので行っていません。児童の場合は治療を嫌がってしますのですが、水いぼの数が増えれば
増えるほど治療がつらくなりますので、少ないうちに始めた方がよいです。何回も再発する方もいますが、次第に数が減少し、 いずれ免疫ができて治ります。

インターネットでのご予約

内科・形成外科はインターネットでご予約受付可能です。
※順番のみの受付となり、診察時間のご予約ではありません。
※美容外科外来はお電話でご予約をお願いいたします。

05058404120
自動電話受付&順番案内システム

ご自宅や携帯電話から、05058404120にコールして
いただくと、かんたんに受付予約ができます。

0297-60-0012 受付時間 午前診:前日21:00~当日11:30
     午後診:前日21:00~当日17:00
PAGE TOP