• HOME >
  • 美容外科 >
  • 眼瞼(まぶた)のたるみ

眼瞼(まぶた)のたるみMATSUMOTO CLINIC

眼瞼(まぶた)のたるみについて

眼瞼(まぶた)のたるみ

年齢とともにたるんでくるのは頬だけではありません。同じくらい皆さんが気にされるのは眼瞼のたるみなんです。眼瞼の皮膚がだんだん伸びてたるんでくると外観上年をとって見えてしまいますし、ひどくなると視界をさえぎって上方が見えにくくなる人もいます。


上眼瞼を開ける力が落ちてきている場合には『眼瞼下垂症』の診断になりますので、健康保険での治療が可能です。一方で単に眼瞼の皮膚がたるんでいるだけで視界に影響などがなく、整容上の目的のみで治療される方は自費診療となります。

治療方法

治療は手術になりますが、個々の患者様の症状によって手術方法が異なります。

1.上眼瞼除皺術
  上眼瞼の余分な皮膚を切除します。二重のラインに沿って切開する方法と、眉毛の下を切開する方法があります。
  眼瞼下垂症がある場合には眼瞼挙筋短縮などを行います。腫れぼったいまぶたの場合には眼窩脂肪切除も有効です。

DSC06365m3
 <手術前>上まぶたが厚く重たい印象で開瞼が良くありません。

DSC08907m3

<手術後>上まぶたの重い感じが軽減されてしっかりと開瞼できています。

     二重になったことで手術前より明るい表情となり若々しく見えます。

2.眉毛下切開法

 上眼瞼のたるみを取るために眉毛の直下の皮膚を切除する方法です。二重のラインを切開する方法に比べて、仕上がりがより自然で傷は目立ちにくいのが特徴です。

DSC02850m

<手術前>上眼瞼の皮膚がたるんでしまっていて上方視が困難です。

DSC02854m

<手術デザイン>眉毛の直下でたるんだ分の皮膚を切除して縫合します。

DSC07892m

 <手術後>しっかりとまぶたが開くようになり、上方視もし易くなりました。手術の傷もほとんど目立ちません。

     ※症状によっては健康保険の対象になります。

 3.下眼瞼除皺術
  下眼瞼(下まぶた)のたるみを切除する方法です。まつ毛のすぐ下を切開して皮膚の下にある眼輪筋を引き締めてから、
  余分な皮膚を切除します。腫れぼったい方は眼窩脂肪切除を併用するとすっきりします。
 
4.経結膜脱脂手術
  下眼瞼(下まぶた)が腫れぼったくなっているが皮膚のたるみは少ない方。下まぶたの内側を切開して、余分な眼窩脂肪を
  切除します。皮膚には傷あとが残りません。

 

これらのまぶた形成手術は大変繊細で、形成外科医にとって最もセンスが求められる治療のひとつです。
また、目は2つありますので左右のバランスを自然にするのには高度な技術が必要とされます。
なかには2回以上の治療が必要な方もいますので、手術前によく説明させていただきます。

美容外科専用ダイヤル

美容のご相談専門ダイヤルをご利用ください。
0297-85-4120にコールしていただくと、
かんたんに受付予約やご相談ができます。

0297-85-4120受付時間 午前9:00~12:30/午後14:30~18:00
PAGE TOP